町田駅のB級グルメブログ

    『町田駅のブログ』から地域情報皆無のため、現在の名前に変更しました(笑)。基本的に週末以外は毎日晩御飯を町田駅周辺で済ませます。つまり、そんな理由で細々と続けているブログです・・・ 晩飯の参考にでもして下さい。ちなみに町田から撤退した店舗は、紛らわしいので削除するよう心掛けています。

      四川味噌ラーメンZ軒

      f:id:machidaeki:20171123183049j:plain

      いつの間にやら丸亀製麺の向かいにオープンしていた四川味噌ラーメンZ軒。一風堂とかある方の丸亀製麺の向かいです。注文はシンプルにラーメンと炊き込みご飯にしてみました。こちらのお店、どことなく神田にある行列ラーメン店でもあるカラシビ味噌らー麺 鬼金棒に似ていますが、系列ではなさそうです。よく知りませんけど・・ 何故似ているかと言えば、辛さを選べる『カラ』と痺れ具合も選べる『シビ』が同じであること、痺れは山椒で調節するので自然と味も鬼金棒に似ています。

      f:id:machidaeki:20171123184334j:plain

      こちらは炊き込みご飯です。無難に美味しいです。ラーメン自体もなかなか美味しいです。ただ、最近は年を取ったせいもあって辛さにはめっぽう弱くなってしまい、カラ小、シビ小でも額から汗が噴き出してきます。他、チャーシューというか角煮がトロトロでこれまた美味しかったです。

      f:id:machidaeki:20171123184722j:plain

      外観はド派手です!ラーメン激戦区の町田ではありますが、場所もいいし味もいいし、これは生き残れそうな予感がします。あくまで個人的な予感ですけど。。

      Google マップ

      餃山堂

      f:id:machidaeki:20171109214843j:plain

      東京餃子軒に続いて、この夏に新しく町田にオープンした餃子専門店の餃山堂。巷では餃子ブームなのでしょうか?オーダーは焼餃子と水餃子にしました。これにライス(スープ付)です。オーダーは目の前にあるタッチパネル式のタブレットで操作します。会計ボタンもあって、なんかどこかの回転寿司みたいですね。餃子は焼餃子と水餃子のどちらも270円と激安!大抵このパターンだと餃子が小さいんですが、確かに小ぶりではありますが、そこそこなサイズ感があります。ライスは小も中も180円で、大でも190円と、ガッツリ系の人にも嬉しい価格です。味の方ですが焼餃子は無難に美味しいです。にんにく有と無しが選べるほか、300円のパクチーのせの焼餃子もありました。

      f:id:machidaeki:20171109215457j:plain

      続いて水餃子。お店オススメの食べ方で頂きました。この水餃子の椀にライスに付いているスープを入れて、別にオーダーしておいた坦々味噌50円と食べるラー油50円を投入して掻き混ぜると、美味しそうな坦々スープの出来上がりです。水餃子にも色んな食べ方ができるし、他にもおつまみメニューも充実していて、夜はちょい呑み風なお店に変身する感じです。しばらく通えそうです。

      Google マップ

      ラーメン暖暮

      f:id:machidaeki:20171101202509j:plain

      町田駅小田急線側、吉野家の裏手にオープンした豚骨ラーメンのお店、ラーメン暖暮。どうやら豚骨ラーメンの本場、福岡県生まれのラーメン屋さんなので期待が持てます。1階に券売機があって2階で食します。店内はかなり狭いです。オーダーしたのはネギごまラーメン。とにかくゴマの量が多いこと多いこと。味は豚骨特有の臭さはそれほど感じない優しい味です。逆に言えば少し物足りないかも。ラーメン激戦区の町田ですが、豚骨と言えば町田には全国的にも有名な一風堂一蘭があります。そのどちらにも引けを取らない味ですが、勝るようなものも無いような・・・ まぁ、もともと私自身、豚骨系があまり好きではないので、こればっかりは好みでしょうかね。ちなみに替え玉150円です。

      Google マップ

      肉そばタンタン準急

      f:id:machidaeki:20171021095338j:plain

      いつの間にか、つけめんTETSUが町田から撤退し、その跡地にオープンしたのが肉そばタンタン準急。恐ろしいことに担々麺一本のメニューで勝負するという拘りと言うか、度胸と言うかなんなんでしょう。逆にそれだけ自信があるのか!と期待もしてしまいます。オーダーは肉そばタンタンピリ辛700円に肉3枚のトッピング200円。チャーシュータンタンと言うのではなく、トッピングと言うところに麺単体での拘りを感じます。味はニンニクのガツンと効いた餡が旨い‼️かなり旨い。食べたことのない不思議な味です。後引く味とはまさにこのこと。

      f:id:machidaeki:20171021100022j:plain

      トッピングの肉も200円とは思えぬほどの食べ応え。でも個人的には体には良くないけど、もっとこう脂っこい柔らかい肉が良かったなぁ。家で作るようなごくごく普通の角煮って感じになってしまっています。全体的には文句のつけようのない美味しさです。難点としては食後のニンニク臭と、目に見える具材が少ないせいかボリュームさというかガッツリ感が足りないところでしょうか。ガッツリ飯が好みでない人ならいいんですけど、ニンニクが物凄く効いているんですから、食べに来る人もそれなりの人なんだと思います。価格を上げてでも具材を増やして満足感を出したいですが、拘りある麺メニューですからそれも難しいんですかね。もともと駅近なのに立地条件もよくない場所ですから、このお店がいつまで続くのかは怪しい感じです。

      Google マップ

      東京油組総本店 町田組

      f:id:machidaeki:20171021091443j:plain

      町田駅小田急線寄りに新しく出来た麺屋さん、せい家に並ぶような形ですぐ隣にオープンしたのが東京油組総本店。ほぼ毎日この近辺を歩いているので、突然オープンしていたので驚きました。どうやら訪れたのはオープン翌日のようですが、まだ晩飯前とあってか?平日18時頃なんですが、お客さんもポツポツです。お店のこだわりは以下公式サイトの引用の通りです。

      こだわり①
      カロリーはラーメンのほぼ三分の二。塩分は約半分。
      そのネーミングからは考えられないヘルシーさです!

      こだわり②
      東京油組総本店の職人達が長年の歳月をかけて開発した
      「秘伝のタレ」は、自家製麺の豊かな味わいを最大限
      引き出す東京油組総本店渾身の特製ダレです。
      複雑な味を絶妙なバランスで組み合わせた
      「秘伝のタレ」は、当店でしか味わう事が出来ません。

      こだわり③
      創業60年の老舗製麺所と共同で開発した、国内最高品質の小麦
      から作るこだわりの自家製麺を使用しております。
      スープのない「油そば」は、麺が味を大きく左右します。
      当店自慢の「こだわりの自家製麺」と「特製の秘伝ダレ」は、
      相性抜群で量の多いW盛でも最後まで美味しく食べられます。
      他店では決して味わう事の出来ない「油そば」をお楽しみ下さい。

      こだわり④
      油そば<並盛り:160g/大盛り:240g/W盛り:320g>
      +スペシャルトッピングA ・・・ 940円
      これが、当店で一番人気の組み合わせです。
      スペシャルトッピングA(ねぎゴマ+半熟たまご)

      個人的には、現在ダイエット中なので、こだわり①のカロリーはラーメンのほぼ三分の二で塩分は約半分というのに惹かれます。せい家と同じく店内は狭く、座席数も少ないです。こちらの東京油組総本店は以前に池袋でプチ行列に並んでまで食べた記憶があります。その時の味の評価が『それなりに美味しい』ですから、今日はどう自身の味覚が変化したかの確認もできます。食べたのは油そば並760円に当店一番人気の組み合わせというスペシャルトッピングA(ねぎゴマ + 半熟たまご)180円です。結果、もともと、あぶらそばやつけ麺が好きではない私にとっては『それなりに美味しい』と、前回と同じ評価となりました。若干、以前より美味しく感じたかなぁ。そんなことよりも、オープンしたばかりと言うのに店内が汚かったのが気になります。イスにネギ付いてたし、カウンターの奥隅も汚い。店員も挨拶だけは立派だけど、どこか遊び気分な雰囲気でした。なんかこう例えるのが難しいんですけど、私語が多い店員さんでも仕事はしっかりやっている店と、同じく私語が多くてもそうでない場合の雰囲気が漂う店ってあるじゃないですか。完全に後者って感じなんですよね。で、店が汚い訳ですから先が危ういです。

      Google マップ

      鉄板王国が東京トンテキ×ステーキの王様

      f:id:machidaeki:20170925193647j:plain

      ステーキ&ハンバーグのお店、鉄板王国が東京トンテキ×ステーキの王様としてリニューアルしました。東京トンテキと言えば、渋谷店が週末いつも階段行列しているのを目にします。週末は飯時を外しても行列が常に絶えないので食べたことないんです。それが町田に!なんて嬉しいのでしょう。内装は鉄板王国の時と全く変わっていませんでした。接客も依然と同じで雑な感じです。食べたのはトンテキ定食980円です。200gなんですが、大トンテキ定食だと300gになります。千円超えますけど。。味の方ですが、確かに旨いです。自分の家でも何度か試して作ってみましたけど、タレが難しい。市販のものもイマイチですし。ただ、大阪に行くと必ずと言っていいほど食べる大阪トンテキと言うのがあるんですよ。安くい旨いし、混んでるけど梅田周辺は店舗も多いし。その大阪トンテキと比べると、かなりレベルが落ちますね。付け合わせや接客、店の雰囲気も含めてですけどね。ご飯は鉄板王国と同じくお替り自由です。鉄板王国のご飯と言えば、間違いなく町田一クソ不味いと断言できるものだったのですが、まぁ食べられます。多少カピカピしてますけど。なにせ以前はいつ来店しても炊飯ジャーの中のご飯があり得ないくらいにカピカピになってて臭かったですから・・・ ビタミンBを補給したい時にまた来たいと思います。

      Google マップ

      ラーメンおやじ

      f:id:machidaeki:20170817195952j:plain

      小田急線の北口からシバヒロ方面(町田街道)に向かって、ただひたすらに斜めに進むと、北海道ラーメンおやじがあります。場所はあまりよくないところにありますが、町田ではかなりの人気店です。個人的には味噌ラーメンを好んであまり食べないし、町田にはこれまた有名な『ど・みそ』があり、ここで充分満足できる味なので、というか『ど・みそ』以上の味噌ラーメンなんて『すみれ系』のラーメン以外には自分の中ではないと思っていましたので、ここラーメンおやじは行く機会がありませんでした。食べたのはネギおやじ1050円。いくらなんでもちょっと高いなぁ。でも旨い。まるですみれ系のようなテカテカ光る玉子麺に白味噌ベースの甘くて濃厚なスープがこれまた最高なんです。こんなにも美味しいのに何故今まで訪問しなかったのだろう。それはね、実は私、食べ物の中で唯一キャベツが嫌いなんですよ。白菜やレタスは食べられてもキャベツだけは無理なんです。お好み焼きや焼きそばは、我慢して食べますけどね。千切キャベツはなんとか食べられます。嫌嫌ですけどね。なので今回キャベツを抜いてもらっています。キャベツ嫌いな人って少ないし、味噌系ラーメンにキャベツの相性っていいんでしょ?知らないけどさ。なので、また食べたいけどキャベツ抜きコールは勇気がいります。

      Google マップ