町田駅のB級グルメブログ

    『町田駅のブログ』から地域情報皆無のため、現在の名前に変更しました(笑)。基本的に週末以外は毎日晩御飯を町田駅周辺で済ませます。つまり、そんな理由で細々と続けているブログです・・・ 晩飯の参考にでもして下さい。

      いちばん

      f:id:machidaeki:20151019194852j:plain

      食べログの口コミを見ると、こちらのお店の主人は白河ラーメンの元祖、とら食堂で修行した方らしい。ただ今日はラーメンを食べに来たのではなく、最近流行っているらしい台湾まぜそばなるものを食べに来たのである。ネットで見る限り評判だし、食べたことないし。事前の情報収集で得た知識は以下の通りです。

      台湾まぜそば

      台湾ミンチ(鷹の爪とニンニクを効かせた醤油味のピリ辛ミンチ)を極太麺に乗せた、汁無し麺の一種である。代表的な具は台湾ミンチ、生の刻んだニラ・ネギ、魚粉、卵黄。好みでおろしニンニクを入れ、よくかき混ぜて食べる。通常の麺だと汁が無いので具が絡まりづらいため、あえてざるの中で麺の表面を傷つけ、絡みやすくしているのも特徴。提供される店舗によっては「追い飯(おいめし)」と呼ばれる、麺を食べきった後に丼に残る台湾ミンチやタレに白めしを投入するサービスがある。


      つまり油そばみたいな感じなのかな?おまけに、台湾と思いっきり名前が付いているものの、実は台湾の料理ではないらしい。さらなる情報では、

      ・名古屋にある麺屋はなびが発祥店らしい
      ・新宿にもこの麺屋はなびがあるが、ものすごい行列らしい。

      台湾まぜそばを色々と調べていると、町田にあるこちらのお店が美味しい店として紹介されてました。こりゃ行くしかありません。白めしを投入すると旨いとのことでライス100円も頼みました。しかし、追い飯はサービスらしく100円バックしてもらいます。いかん、初めてなのがバレてしまう。人生初の台湾まぜそばはピリ辛で、それなりに美味しかったです。食べ終わって『追い飯お願いします!』と元気よく言いたかったのですが、なにせ台湾まぜそば初体験なもので、妙に恥ずかしくなり、細い声で『すいませんご飯を・・・』 なんて小心者なのでしょう。この追い飯は、どんぶりを預けると、中に直接ご飯を入れてくれます。これをよく混ぜ混ぜして食べたら実に旨い。旨すぎるくらい旨いです。次回はラーメンも挑戦してみたいですね。

      Google マップ